これから始まる小学校のプログラミング教育

筑波大学名誉教授の会 会員の皆様

上記タイトルの記事を紹介させていただきます.この記事は筑波銀行のシンクタンク筑波総研が出版している「筑波経済月報」という雑誌に掲載されたものです.執筆時は,肺炎ウイルスの蔓延もなく,自分自身の忙しさをさておけば,昨今のようなピリピリした緊張感もなく,のどかな日々でした.

(以下の下線部をクリックしてください)

小学校のプログラミング教育(前編)

小学校のプログラミング教育(後編)

記事(前編)は筑波経済月報No.7, 後編は筑波経済月報No.8,

に収録されています.著作権は筑波総研にあります.

井田哲雄

光1秒の距離の歩み

寄稿:大嶋建一より

私は稲荷前の茗渓学園の敷地のすぐ近くの自宅から大学まで自転車通勤を30年近く継 続してきました。まず、赤塚公園を起点とします遊歩道に入り、北上します。通学の 小学生から散歩の老夫婦まで、さまざまな方々とすれ違いながら、洞峰・二の宮・中 央・松見公園を経て、教育の森公園(大学構内)に入ります。道沿いにはたくさんの 木々や植物があり、四季の気候に対応してさまざまな姿で微笑みかけてくれますの で、しばしの至福の時間を持つことができます。
ところで、佐々木建昭先生が昨年12月24日付けで寄稿してくださった記事を大変興味 深く読みました。といいますのは帰宅の途中で、独特なスタイルで走っています先生 とすれ違うことが度々ありました。先生は近眼のようでして、私をすぐには認識して くだされず、大きな声で“ハロー”と呼びかけますとやっと私であることに気づきま した。今回、先生はマラソンを通じてシニアの健康維持に寄与する3件のレポートを 添付ファイルにて示して下さいました。私は(公益社団法人)日本アイソトープ協会 の広報誌Isotope News2018年4月号「こーひーぶれいく」欄に掲載されました“光1 秒の距離の歩み”という記事があり、皆様の健康維持に寄与できそうな内容が含まれ ていますので、ファイルを以下に添付しました。なお、この記事は出版元からの転載 の許可を得ています。
ご一読してくださり、皆様に参考にしていただければ幸いです。

令和2年1月11日
大嶋建一

・光1秒の距離の歩み.pdf