「筑波大学名誉教授の会」会則

「筑波大学名誉教授の会」会則

(名称)
第1条 本会は、「筑波大学名誉教授の会」と称する。
(構成)
第2条 本会は、筑波大学名誉教授をもって組織する。
(目的)
第3条 本会は、会員相互の親睦を図るとともに、筑波大学の発展に寄与することを目的とする。
(事業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行うことができる。
(1)会報等の発行
(2)講演会等の開催
(3)その他本会の目的を達成するために必要な事業
(役員)
第5条 本会に、次の役員を置く。
(1)会長 1人
(2)副会長 2人
(3)役員 旧所属学系(学校教育部を含む)ごとに1名または若干名
また、必要に応じ、会長が指名するもの若干名
(4)幹事 会長、副会長、庶務、会計、会報担当の役員をもって充てる
2 役員の任期は、2年とする。ただし重任を妨げない。
(役員の任務)
第6条 会長は、本会を代表する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
3 幹事は、会の実務をつかさどる。
(会議)
第7条 本会の会議は、総会および役員会とする。
2 総会は、少なくとも年1回開催するものとし、会長が招集してその議長となる。
3 役員会は、会長が必要と認めたときに招集し、その議長となる。
(慶弔)
第8条 会員の慶弔については、別に定める。
(会費)
第9条 会員は、終身会費として12,000円を納入するものとする。

付 則
この会則は、昭和61年5月11日から施行する。
付 則
この改正会則は、平成2年6月10日から施行する。
付 則
この改正会則は、平成10年4月1日から施行する。
付 則
この改正会則は、平成27年11月4日から施行する。